about

※これは2020年4月10日午後11:13にTwitterに掲載した文面です。

こんばんは、みっちーこと水島和也といいます。
ぐちゃぐちゃな長文ですがぜひ最後まで目を通してください。

もう世間ではくどいほど見てると思います。新型コロナウイルスの影響によって方々が大打撃を受けています。最初はテレビの世界の話で、自分は関係ないのかなぁなんて思ってました。でも行き着く間も無くその影響が周りでも出てきて、気がつけば気軽に外を歩くことができない状態になりました。
テレビの向こうのことまで関与するだけのキャパは僕にはありません。でも、視野の届く場所には守りたいものがあります。

僕は高校3年生の春から、ライブハウスで生きています。早いか遅いかはわかりません、でも僕の人生はそこから始まりました。大袈裟かもしれませんが、25歳になった今でも僕は音楽に住んでいます。
別に売れてるわけではありません、小規模なライブハウスで、毎回売り上げがあるわけでもなく、お客さんが満帆なわけでもなく。でもそこでずっと生きてきました。

僕の愛する場所は今、コロナの影響で、もうそれはそれは吹き飛びそうな状況です。いやコロナの影響と言いましたが、元々福井自体人口が少なく、ライブイベント自体に人が集まらなかったのは否めないと思います。それがコロナの影響によって、とどめをくらいそうになっています。誰が悪いのかはわかりません。誰を責めることもできない状況です。

ライブハウスにいつも何かをもらい続けていました。なので恩返しをしたいんです。
「こんな時だからこそ」という言葉に甘えてしまっていました。本当はいつでも行動したかったのに、こんなことにならないと行動できない自分が情けないと思っています。

とはいえ自分一人の力ではどうしようもない。自分だけが動いても何も変わらないんじゃないか。
怖かったので、仲間の力を借りることにしました。

現役で活動している後輩から、もうステージに立つことのなくなった諸先輩方も含めて、福井の、というか僕の青春を閉じ込めたオムニバスアルバムを作ることにしました。

すでに20組以上のアーティストから参加の表明をいただいてます。ほんとに嬉しい。まだまだ声をかけている最中です。
まだほんの少しだけ完成までに時間がかかりますが、取り急ぎ皆さんに知って欲しかったので文章にしました。ほんの少しだけ待っていてください。
音楽人なら音楽人らしい支援の仕方を、と思い、募金ではなく音源を売るという形にしました。売り上げは全て寄付させてください。

どうかもう少しだけ待ってください、そしてアルバムが完成した際は、ぜひ協力をお願いします。

僕のホーム 福井HALL BEE と 福井CHOP に愛を込めて。